· 

ミクスタハッカソンの1日目に参加しました

こんにちは、ホームページ作成教室JimdoCafe 八幡西(ジンドゥーカフェ ヤハタニシ)の茅原です。

 

先週の土曜日、全然仕事に関係なく、オフの話になりますが、ミクスタハッカソンというイベントに参加してきました。

 

そもそもハッカソンとは?

 

「ハッカソン」(hackathon)とは、広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語で、もともとはプログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソンのように、数時間から数日間の与えられた時間を徹してプログラミングに没頭し、アイデアや成果を競い合う開発イベントのことをいいます

https://www.weblio.jp/content/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BD%E3%83%B3

 

私は実はちらりと耳にしたことはあって、楽しそう、でも自分にはもう関係なさそうなイベント、という認識でした。

Webデザイナーになる前はIT系でプログラムを組んでたとは言っても、もう全然ついていけないし、無理無理と。

 

それがひょんなところからお声をかけていただき、「ミクスタハッカソン」の内容を確認したら

 

「ミクニワールドスタジアム北九州」をもっと盛り上げる、アプリやサービスを一緒に開発しませんか?

ミクスタハッカソンとは、「ミクスタ」+「ハッカソン」をかけ合わせた造語。

ハッカソンとは特定のテーマの元にアプリやサービスを開発し、競い合うイベントのことです。

 

ITエンジニアやデザイナーだけでなく、サッカーファンや北九州を盛り上げたい人も参加できます!

 

なんと非エンジニアもOK。
いつもは難しい土曜日の子供の預かり問題も解決し、行くことができました。

実はミクニスタジアムに行くのも初めて。

 

サッカーはキングカズ・ラモスの時代ぐらいしか知らない私。

ミクスタを盛り上げるためのハッカソンでもあるのに大丈夫?と思っていたら、意外にそんな方も多かったんですよね。

 

でも、ミクスタハッカソン、最初の方でミクスタのスタッフの方に案内ツアーに連れて行っていただいたところ、予想を超える施設内の充実ぶりに驚きます。

上の写真は初めてのスタジアムの設備や、観客席との近さに「オォォー、すごいー」とスマホで撮影しまくっている私です。

ツアーの後は、本格的にハッカソンスタート。

(しかもVIPルーム)

ミクニスタジアムから発想する言葉は?のワークショップ。

 

私はWeb制作者なので、これはボチボチ得意。

個性がものすごく出る作業なので、とても面白いんです。

えっ、そんな発想もあるのね!と。

 

リアルなやり取りって大事ですね。

チームを組んでのアプリやサービス勝負がハッカソン。

 

私が所属するチームはこちらです。

一般人二人とエンジニア二人でバランスが良い気が。

 

しかし「こんなことできたらいいな」を形にできるエンジニアって、やっぱりすごいですよね。

そして、作ることはできなくても、何かをチームで作り上げる作業って楽しい。

 

ミクスタハッカソンは2月24日と3月3日に別れて二日間のイベント。

次の土曜日も楽しみたいと思います!

 

 

ミクスタハッカソン

https://connpass.com/event/78584/

 

※写真NGの方が基本的にいらっしゃらないとのことでしたので、ありがたくブログに使わせていただきました^^

※VIPルームも含め、ミクニスタジアム内の施設はかなりリーズナブルに借りることができて、飲食も可能なスペースも多々。

 こちらも驚き。ドローンの練習場所に良さそうな場所もありましたよ。